密度汎関数法のおすすめ書籍(洋書)一覧

R. G. Parr and W. Yang
Density-Functional Theory of Atoms and Molecules
Oxford Science Publications, New York, 1989
化学者向けに密度汎関数法の基礎を解説した名著。日本語訳あり。ただ、今となっては内容がかなり古い。DFTの歴史的経緯について詳しく知りたければ。

R. M. Dreizler and E. K. U. Gross
Density Functional Theory - An Approach to the Quantum Many-Body Problem
Springer-Verlag, Berlin, 1990
密度汎関数法の基礎解説書の名著。しかし、Parr-Yangと同じく内容が今となっては古い。局所密度近似や一般化勾配近似の汎関数の物理的背景について非常に詳しい。

R. M. Dreizler and J. da Providencia Eds.
Density Functional Methods In Physics
Plenum Press, New York, 1985
DFTの歴史的レビューが多く掲載されたレビュー集。Levyのconstrained search法とか。

J. M. Seminario Ed.
Recent Developments and Applications of Modern Density Functional Theory
Elsevier, Amsterdam, 1996
優れたレビューが多く掲載されている。TDDFTやLC-DFTなど現在のDFTの基礎となっているものが多い。6、9、11、12章がおすすめ。

M. A. Marques, C. A. Ullrich, F. Nogueira, A. Rubio, K. Burke, and E. K. U. Gross Eds.
Time-Dependent Density Functional Theory
Springer, Berlin Heidelberg, 2006
TDDFTの優れたレビュー集。決して網羅的ではないが、TDDFTの基礎を学ぶには最適。

W. Koch and M. C. Holthausen
A Chemist's Guide to Density Functional Theory 2nd Ed.
Wiley-VCH, Weinheim, Germany, 2001
数少ない化学者向けのDFT本。内容は今となっては不十分で偏りが多いが。応用に関する記述が多い。

E. Engel and R. M. Dreizler
Density Functional Theory An Advanced Course
Springer, Berlin Heidelburg, 2011
DFTの最新の話題を網羅した優れた本。特に固体物性論におけるDFTの最新事情について詳しく書かれている。

H. Eschrig
The Fundamentals of Density Functional Theory 2nd Ed.
Edition am Gutenbergplatz Leipzig, 2003
DFTの基礎について数学的な視点からまとめた優れた本。DFTがどのような数学的背景を持つ理論なのか詳しく知りたい人には必携本。

C. A. Ullrich
Time-Dependent Density-Functional Theory Concepts and Applications
Oxford University Press, USA, 2012
TDDFTを網羅的に詳しく紹介した本。TDDFTについての基礎知識はこれで十分。

F. Jensen
Introduction to Computational Chemistry, 2nd Ed.
Wiley, Chichester England, 2007
量子化学者の初学者は、まずこれで分野全体を概観するのがよいであろう。DFT部分は素人レビューで全く参考にならないが。

R. McWeeny
Methods of Molecular Quantum Mechanics, 2nd Ed.
Academic Press, London, 1992
DFTにはあまり関係ないが、量子化学計算法のHartree-Fock法、MCSCF法、CI法と群論、スピン対称性、線形応答計算法などの好学者にとって必要な理論および計算アルゴリズムを理解するのに最適な書籍。これを理解できればまずまずの修得度と言える。